日本語配列をカスタマイズする。

イラストを書く人はブラシをカスタマイズするのに、文章書きのほとんどがQWERTY配列のままなのはもったいない。親指シフトを使う人もいるけれども、この配列も洗練されているわけではない。 Aを小指で打つのは辛いとか、「ホームポジション人差し指がなんでFとJなんだよ、他に置くべき文字があるだろ」とか色々不満はあるはずなのだけど、配列を変えるという発想までいかない。初期設定のブラシのままで絵を描いているようなものだぞ。 イラストレーターが自家製ブラシをカスタマイズするみたいに、文章を書く人も配列をアレンジしたり違った配列を試すべきだと思う。 Tomisuke配列が出てきてアンチQWERTY配列の気運が高まりつつあるので、新配列に手を出すにはいい時期だ。ローマ字配列やカナ配列が色々あって迷うと思うのだが、「よく使う文字が打ちやすい場所にあればいい。あとは環境や好みで、気になるところがあれば自分でカスタマイズしろ」としか言えない。 個人的なおすすめ配列は新JIS配列だが、親指シフト、月配列、薙刀式あたりもいいと思う。ローマ字配列系は指の動きはQWERTY配列に比べて楽になるけど、打鍵数は変わらないので、大量の文章を書くつもりならカナ配列への移行も視野に入れて欲しい。 自作配列で文章を書くようになって久しいけれど、QWERTY配列ローマ字入力で同じ分量の文字を書けと言われたらキーボード叩き折るぐらいにはQWERTY配列に憎悪を向けている。この配列で長文書くとか正気の沙汰では無い。そう思ってしまうぐらいには、新配列の効果は効率的に設計されている。 新配列は効率化を目指している点ではどれも同じなのだが、コンセプトには明確な違いがある。多少効率が悪くても覚えやすさを重視した配列。どんな環境でも使えるようにした配列や、学習コスト度外視で日本語入力の効率を追求した配列、長文執筆に適した長期戦用の配列、競技タイパー向けの瞬間最大風速を重視した配列等の個性が出ているのが面白い。 自分が重視するのは継戦能力だ。指に掛かる負担を減らして、長時間の執筆に耐えられる配列がいい。QWERTY配列だと腱鞘炎に悩まされていたが、新しい配列にしてからは長時間文章を書いていても指が痛くなくなった。そういう意味だと薙刀式のコンセプトは実践的だ。表面的な打鍵速度ではなくて、一日に何時間もタイピングしなければ真価が分からない配列なんじゃないかなー、と勝手に思っている。 ブログの文章を短時間で書きたいのか、長期間文章を執筆しなければならないのかで、適した配列は違う。用途に合わせて配列を容易に変えられるのが配列沼に墜ちる最大のメリットだ。 これからキーボードで文章を書こうとしている人はQWERTY配列をぶん投げて、もっと楽な方法で文章を書けるようになって欲しい。効率とか生産性の問題だけではなくて、自分の手に最適化された配列で文章を書くと指の動きが気持ちいい。